WebArena VPS CentOS 7.4 への Apache2.4.6 インストール

[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

WebArena VPS CentOS 7.4 へのApache2.4.6のインストール方法を丁寧に解説
※Macのターミナル利用

WebArenaのコンパネでセキュリティーグループに
sshポートの22、ウェブポートの80のアクセスを可能にしておく

tcp:22,22,ip4:0.0.0.0/0 (自分のIPアドレスを入れるほうがベター)
tcp:80,80,ip4:0.0.0.0/0(自分のIPアドレスを入れるほうがベター)

WebArenaのコンパネでキーペア(***.pem)を作成し、ダウンロード

おそらくsshキーをまとめていると思うので、Macのsshキーを保存しているフォルダに入れておく
ちなみに後で間違えないようにするためにリネームしておくといいかも

mv 元のファイル名.pem 変更後のファイル名.pem

ターミナルからSSHでVPSに接続する

sudo ssh root@VPSのIPアドレス -i キーペアの名前.pem

Apacheのインストールファイルを調べておくと

# yum list | grep httpd
httpd.x86_64                           2.4.6-88.el7.centos        base          
httpd-devel.x86_64                     2.4.6-88.el7.centos        base          
httpd-manual.noarch                    2.4.6-88.el7.centos        base          
httpd-tools.x86_64                     2.4.6-88.el7.centos        base          
keycloak-httpd-client-install.noarch   0.6-3.el7                  base          
libmicrohttpd.i686                     0.9.33-2.el7               base          
libmicrohttpd.x86_64                   0.9.33-2.el7               base          
libmicrohttpd-devel.i686               0.9.33-2.el7               base          
libmicrohttpd-devel.x86_64             0.9.33-2.el7               base          
libmicrohttpd-doc.noarch               0.9.33-2.el7               base          
python2-keycloak-httpd-client-install.noarch

下記4つをインストールすればOK
httpd.x86_64 2.4.6-88.el7.centos base
httpd-devel.x86_64 2.4.6-88.el7.centos base
httpd-manual.noarch 2.4.6-88.el7.centos base
httpd-tools.x86_64

Apacheをインストール

yum -y install httpd httpd-tools httpd-devel httpd-manual
面倒であれば下記でもよい
yum -y install httpd

Apacheがインストールされたかを確認、バージョンも確認

# yum list installed | grep httpd
httpd.x86_64                       2.4.6-88.el7.centos            @base         
httpd-devel.x86_64                 2.4.6-88.el7.centos            @base         
httpd-manual.noarch                2.4.6-88.el7.centos            @base         
httpd-tools.x86_64                 2.4.6-88.el7.centos            @base  

# httpd -version
Server version: Apache/2.4.6 (CentOS)

Apacheを起動して起動したサービスの状態を確認

# systemctl start httpd
# systemctl status httpd
● httpd.service - The Apache HTTP Server
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/httpd.service; disabled; vendor preset: disabled)
   Active: active (running) since 木 2019-02-21 20:16:27 JST; 26min ago
     Docs: man:httpd(8)
           man:apachectl(8)
 Main PID: 1182 (httpd)
   Status: "Total requests: 0; Current requests/sec: 0; Current traffic:   0 B/sec"
   CGroup: /system.slice/httpd.service
           ├─1182 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND
           ├─1183 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND
           ├─1184 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND
           ├─1185 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND
           ├─1186 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND
           └─1187 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND
.....

firewall-cmdコマンドで、httpアクセスするための80番ポートに外部からの接続を許可設定を追加 (iptablesコマンドで行ってもよい)

# firewall-cmd --add-service=http --permanent
success

設定を反映するために再読み込み
# firewall-cmd --reload
success

設定の確認
# firewall-cmd --list-all
public (active)
  target: default
  icmp-block-inversion: no
  interfaces: eth0
  sources: 
  services: ssh dhcpv6-client http
  ports: 
  protocols: 
  masquerade: no
  forward-ports: 
  source-ports: 
  icmp-blocks: 
  rich rules: 

services: ssh dhcpv6-client http
のようにhttpが追加されていればOK
Webブラウザから下記にアクセスしてページが表示されればOK
http://IPアドレス/

[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA