防犯カメラの選び方 CMOSの画素数だけに惑わされないために

[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

防犯カメラを選ぶ際に検索してみると、
200万画素はザラで500万画素なんてのもよく見かけるようになりました。

でも、価格はバラバラですよね?
200万画素のほうが何故か500万画素よりも高いものなんてのもよく見かけます。

画質を決定するものにCMOSサイズが重要です。
カメラの詳細を見ると
「1/2.8″ SONY CMOS IMX323」
みたいにcmosの前に分数で1/2.8″というようにサイズが表記してあるものがあります。
これがcmosサイズになります。

※レンズサイズと混同しないようご注意。レンズは2.8mmや3.6mmなどと表示されており混同しやすいです。
わからない場合には販売店に問い合わせて確認しましょう

高級なカメラ、ミラーレスや一眼レフなどでとても高価なものには
cmos 1/1 が使用されている場合もございますが、
価格を安くするために、ここを何分の1かにしてコストを下げているのです

つまり、cmosサイズが大きいほど画質は向上します。
(価格も上がります)
なので、同じ画素数でカメラを探す場合には、cmosサイズが大きいものを選択することを
お勧めします。

今まで、高画質なものを選んできたのに、同じ画素数のはずなのに
なぜか画質がカメラ毎に違うんだろう?
と感じていた場合、
cmosサイズcmosメーカー名を確認してみてください。

防犯カメラにも高画質の波がきており、比較的廉価の部類でもCMOSサイズが
1/1.8〜1/4
の広い範囲で選べるようになってきています。

cmosメーカーも画質に影響します。

sonyが一番価格は高いですが、低照度で赤外線無しでカラー撮影ができたりと
画質にこだわる場合には一番お勧めです

画質よりも価格という場合には、OV(米OmniVision)やAptinaというところでしょうか。

Raspberry Piを触ったことがある方も多いかとおもうのですが、
専用のカメラの表記には800万画素や500万画素となっているのに、
撮影すると思ったより画質がよくない
と思ったことありませんか?

それは、価格を抑えるためにRaspberry Pi用カメラのcmosは
1/4サイズ
だからです。けっこう小さいです。

なので、同じ800万画素と表記されていても一眼レフのほうが
綺麗にとれたりするのはこのためです。
500万画素の防犯カメラのほうが綺麗にとれるということも普通にあると思います。

簡単にご紹介しましたが、防犯カメラを選ぶ際に
CMOSサイズ
CMOSメーカー名
を確認してみましょう。

[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA