ダストセンサー DSM501AでPM1.0 と PM2.5 の測定してみた Arduino スケッチコード付

[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

ダストセンサーDSM501AでPM1.0(以上の)粒子数カウントしてみた

PM1.0を計測できるのか?と思いきや
PM1.0以上のサイズの粒子をカウントできるよというもののようだ。

PWM出力されるパルスを30秒間計測して、その中でLOWパルス幅の全体に占める比率から
粒子数を出すというもの。

もちろん、データシートにメーカー側が
「Lowパルス幅の占有率に対する粒子数」
のグラフを用意してくれているので、そのグラフを元に粒子数出してる。
(合っているのか?)

とりあえず、いろんな所で計測してみて、自分でも
この値からは空気が悪そうだというデータをとったほうが良さそうな気もする。

ピン配置は下記で左からPin1~Pin5

Pin1: コントロール(Vout1用のコントロール)
Pin2: Vout2 (PM1.0以上計測用)
Pin3: VCC
Pin4: Vout1  (PM2.5以上計測用)
Pin5: GND

以下が今回使ったArduino用スケッチコード

// DSM501A Pin3 → Arduino 5V
// DSM501A Pin5 → Arduino GND
// PM1.0以上を計測したい場合:DSM501A Pin2 → Arduino D8
// PM2.5以上を計測したい場合:DSM501A Pin4 → Arduino D8
// Wind Abaft Co., Ltd.

#include<string.h>
byte buff[2];
int pin = 8;//DSM501A input D8
unsigned long duration;
unsigned long starttime;
unsigned long endtime;
unsigned long sampletime_ms = 30000; // データシートの計測方法が30秒のため
unsigned long lowpulseoccupancy = 0;
float ratio = 0;
float concentration = 0;
 
int i=0;
void setup()
{
  Serial.begin(9600);
  pinMode(8,INPUT);
  starttime = millis(); 
}
void loop()
{
  duration = pulseIn(pin, LOW);
  lowpulseoccupancy += duration;
  endtime = millis();
  if ((endtime-starttime) > sampletime_ms)
  {
    ratio = (lowpulseoccupancy-endtime+starttime + sampletime_ms)/(sampletime_ms*10.0);  // Integer percentage 0=>100
    concentration = 1.1*pow(ratio,3)-3.8*pow(ratio,2)+520*ratio+0.62; // データシートのグラフ参照
    Serial.print("lowパルス幅(30秒間):");
    Serial.print(lowpulseoccupancy);
    Serial.print("    Lowパルス幅の占有率[%]:");
    Serial.print(ratio);
    Serial.print("    DSM501A計測粒子数[pcs/283ml]:");
    Serial.println(concentration);
    lowpulseoccupancy = 0;
    starttime = millis();
  } 
}

 

[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA