監視カメラ用DVRの設定方法 時刻編

[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

監視カメラや防犯カメラは時間の設定が重要です、なんせ証拠に利用するものなので

正確な時間が記録できていたほうがもちろん良い。しかもこれを自動で行いたい。

これを弊社で販売している下記DVRを例に挙げて説明すると

【顔検出・侵入者検知機能】付きDVR 防犯カメラレコーダー

型番:4chdvr4in1-fd

インターネット経由で定期的に時刻を取得し、DVRに反映するという方法をとります。

※メインメニュー⇒ネットワーク⇒NetApply⇒NTP

ここで、NTPサーバーの設定を行います。他メーカーさんのDVRでも設定項目はほぼ同じです。

NTPサーバーはプロバイダ等多くの企業が公開しています。

今回はNTPサーバー大御所のNICT(独立行政法人情報通信研究機構)のサーバーを例に設定してみます。

HostIP: ntp.nict.jp

Port: 123

更新間隔:60分(適当でOKです)

はい、これだけで終了です。

あとは、タイムゾーンが

GMT +09:00

になっている事を確認すればOKです。

もし、なっていなければGMT +09:00にしてください。

これだけの設定で、後はDVRが自動的に正確な時間を取得し、正確な時間を刻んでくれます。

[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA