世界の通信機器市場で進む寡占化とセキュリティ

[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

レノボ、ファーウェイなど中国企業の通信機器 悪意あるソフト、あらかじめ搭載

という記事が発表されましたが、だいぶ前から米国やヨーロッパ諸国が危険性を警告していました。
ですが、実際には世界の工場である中国に世界中が頼っており、
携帯電話やPCでの、中国企業の寡占化は進んでいます。

ということは、商品代金を払って、パスワードや個人情報、企業の機密情報まで”献上”してしまっているという状況が考えられます。
(あくまで想定です)

「私は日本のメーカーだから安心」

なんていうのは通用せず、ブランドは日本企業でもOEMで設計から製造まで中国企業に丸投げなんてこともあります。

通信チップ(部品)にスパイウェアが仕掛けられていたり、
OSインストール時に入れるバンドルソフトに仕掛けられていることもあり、
ブランドを見て安心するというのはナンセンスです。

要は”中身の部品”、”OSを誰がいれるか”が重要なのですから

特許に詳しい方は知っているかとは思いますが、
中国を代表する通信機器企業「ファーウェイ」「ZTE」の出願特許件数は世界トップクラスで
名実ともに世界の通信機器部品でのトップ企業になろうとしています。

つまり、知らずしらずのうちに自分の携帯電話やPCの中に
「インテル入ってる」のCMのように「ファーウェイ入ってる」状態になるということです。

実際、日本のPC販売シェアは40%近くをスパイウェアが何度かプリインストールされていたということで問題になっている
レノボが占めています。
Ref:日経トレンディ2015年4月20日 

NECはメイドインジャパンという機種がありますが、中身の部品はメモリやHDDを除き、ほぼ全て中国系企業の部品(中国製)で占められていますので、”組立”を日本でしているというだけにすぎません。

重要なのは”通信部品”、もしくは”OSを誰がいれるか”なのです。

と言っても、消費者である私達が通信部品やメーカーが行うプリインストールソフトの詳細を選べる状況ではないので、
通信機器部品の開発競争で日本企業に是非がんばってほしい次第です。

[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です