Arduino互換機「びんぼうでいいの」に生AVR載せてブートローダーを簡単に書込む

[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

Aitendoから販売されている
「びんぼうでいいの」
シリーズ。だいたい500円くらいで手に入る。

いわゆる格安Arduino互換機というもの。

最近ではAmazon等で、他にも安く互換機が手に入るようになったので、
もう、「びんぼうでいいの」は卒業という人も多いかもしれない。

しかも、他の互換機に使われているUSB → TTL変換チップは、ほぼ
CH340
中国の江苏沁恒股份有限公司(http://www.wch.cn/)というところが出している
チップ搭載なので、デバイスドライバーも基本的にほぼ同じ。

なので尚更、「びんぼうでいいの」を買ってきて、
ブートローダー書込みからスタート!という人は少なくなったかも?だが、

誤配線してマイコン破壊してしまった!とかそういうときにマイコンだけ交換というのはよくあるかと。

それで、

生AVRマイコン(空のATMega328P-PU)にブートローダーを書込む方法をご紹介。

びんぼうでいいいのにブートローダーを書込む

【用意するもの】: Arduino UNO×1、びんぼうでいいの×1、ジャンパワイヤー×6、AVRマイコン ATMega328P-PU ×1、Arduino IDEをインストールしたパソコン×1

【配線】: 下記写真のように繋ぐ
※秋月電子でATMega328P-PUは250円/1個 2017年7月4日時点

【書込み手順】:Arduino IDE → ファイル → スケッチ例 → Arduino ISP を選択 → Arduino UNOにそのまま書き込む 
ツール → ボード → Arduino/Genuino Uno を選択 → 書込装置 → Arduino as ISP を選択 → ブートローダを書込む

これだけでOK! 「びんぼうでいいの」ボード上の緑のLEDが点滅したら書込み成功

[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です