CentOS6.7 しかも32bit(i686)版へのEPEL、Remi、RPMforgeリポジトリインストール

[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

EPEL、Remi、RPMforgeとは、サードパーティ製の中でメジャーなリポジトリです。
CentOS標準リポジトリで提供されていないパッケージ、例えばPHP, MySQLなどの最新版をインストールできたりします。

ただ、安定していないバージョンを最新版としてインストールしてしまいハマることもあるので、これは安心の安定版だなというときに利用するのがいいかも。

ネット上では64bit版(x86_64)情報が主流なので、あえて32bit版について。

まず、現在インストールしているリポジトリの確認
# rpm -qa | grep epel
# rpm -qa | grep remi
もし、既にインストールしている古いリポジトリあれば、epelはremiに依存しているので、remiから削除
# rpm -e remi-release-5-8.el5.remi.noarch
# rpm -e epel-release-5-4.noarch
# rpm -e rpmforge-release-0.5.5-2.el5.rf.i386

【EPELリポジトリインストール】
# rpm –import http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/RPM-GPG-KEYY-EPEL-6
# rpm -ivh http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/i386/epel-release-6-8.noarch.rpm

【Remiリポジトリインストール】
# rpm –import http://rpms.famillecollet.com/RPM-GPG-KEY-remi
# rpm -ivh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/6/remi/i386/remi-release-6.6-2.el6.remi.noarch.rpm

【RPMforgeリポジトリインストール】
# rpm –import http://apt.sw.be/RPM-GPG-KEY.dag.txt
# rpm -ivh http://apt.sw.be/redhat/el6/en/i386/rpmforge/RPMS/rpmforge-release-0.5.3-1.el6.rf.i686.rpm

リポジトリのデフォルト無効(enabled=0)に修正する
vi /etc/yum.repos.d/remi.repo ←remiは最初からenabled=0になってるので、特に何も変更しなくてOK
vi /etc/yum.repos.d/epel.repo
vi /etc/yum.repos.d/rpmforge.repo

完了。

試にPHPの最新情報調べてみる場合は下記という感じ
# yum –enablerepo=epel,remi,rpmforge info php

目当ての更新インストールなど終わったら、上記の3個のリポジトリをenabled=1に戻しておけば、
標準リポジトリ以外でのyum更新してしまうミスが防げるのでお勧め

[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です